調  康行

調 康行

アソシエイト
東京

Eメール yasuyuki.shirabe@​hoganlovells.com

電話 +81 3 5157 8246

FAX +81 3 5157 8210

言語日本語、英語

部門コーポレート

東京事務所コーポレート部門のアソシエイト。投資ファンドやプライベート・エクイティを含む、金融サービスに関する取引や規制において豊富な経験があり、また、クライアントに対して、コーポレートガバナンス、会社関係争訟および労働法務についての助言を提供。 

弊所に入所する前は、大手国際法律事務所に勤務し、外国の投資ファンドに対して、空売り、インサイダー取引、公開買付けおよび犯収法、外為法や個人情報保護法において必要とされる手続、金融商品取引業の登録、外国投資信託の私募の取扱いに関する届出、大量保有報告の提出、社内規程の整備、金融サービス規制当局への対応などを含む金融レギュレーションについて助言を提供した。その他にも、秘密保持契約や担保権設定契約等、契約締結交渉に従事した。また、以前は日本国内の法律事務所に勤務し、訴訟において国内の大手金融機関などを代理した。

学歴および資格

学歴

最高裁判所司法研修所修了

東京大学法科大学院修了

法曹協会登録・資格等

日本国(第二東京弁護士会)

代表的な案件

金融商品取引業のライセンスの取得において、海外の投資運用会社の国内関連会社を代理

海外の投資運用会社に、日本の金融商品取引所における有価証券の売買に係る規制について助言を提供

日本国内での外国投資信託の私募の取扱いに係る日本の金融サービス規制当局への届出において、海外の投資運用会社を代理

日本の金融サービス規制当局への大量保有報告の提出において、海外の投資運用会社を代理

日本の金融サービス規制当局からの問い合わせへの対応において、海外の投資運用会社を代理

海外の投資運用会社に、個人情報保護法の改正への対応について助言を提供

海外の投資運用会社に、犯収法上必要となる手続について助言を提供

日本での投資運用の廃止の手続において、海外の投資ファンドを代理

海外の投資運用会社に、日本での金融商品取引業に係る規制について助言を提供

日本の上場会社との間での秘密保持契約の締結交渉において、同社の株主である海外の投資運用会社を代理

日本の会社の株式を担保とする質権設定契約の締結交渉において、米国の質権者を代理

日本の学校法人に、労働者の解雇について助言を提供

虚偽記載のある有価証券届出書の届出者の役員、公認会計士、主幹事証券会社などへの損害賠償請求において日本の大手金融機関の代理人を務める

投資信託の解約に係る投資信託委託会社への損害賠償請求において、日本の大手金融機関の代理人を務める

直近の講演・出版物等

当事務所主催イベント

Going Global 2018

Loading data