ホーガン・ロヴェルズについて

ホーガン・ロヴェルズはクライアントと協働し、 世界の産業および商業中心地において 最も難解な法律問題の解決に取り組み、 様々な場面においてクライアントをサポートしています。

世界は急速に変化しており、その流れについて行くには先を見据えた戦略が必要となります。そのような変化に伴い、法律上の難題があらゆる方向から生じますが、ホーガン・ロヴェルズでは国や業種を問わず、どのような法律問題でもクライアントにとって最善の解決方法を提供できるよう努めております。変化により生じるものが、リスクでも好機でも、我々は常にクライアントと共に歩みを進めて行きます。

率直な意見を述べる。問題になる前に理解し解決する。問題解決につながる明確かつ実務的なアドバイスを提供する —最も複雑な法律環境や市場において企業、金融機関および政府機関をサポートした経験と知識を駆使し、クライアントの潜在および顕在リスクを軽減し、機会から最大利益を引き出すことを心掛けています。6大陸にわたる2800名のロイヤーが世界中で実務的な法律サービスを提供しています。

速い変化、そして相互につながる世界では、裏付けされた経験と新しい考え方を結び付けることが求められます。ホーガン・ロヴェルズはこれを実践しています。様々なアイデアから誕生した事業が想像力により発展するなか、クライアントの事業戦略に沿った法律サービスを提供しています。新興経済におけるクロスボーダー取引の経験は、グローバル企業や組織のパートナーとして国際的な視点からのアドバイスを提供するための基盤となっています。

業務にあたるチームは、幅広いバックグラウンドを持ったメンバーで構成されています。バックグラウンドと経験の多様化は広い視点をもたらし、より深い思考と良い答えにつながります。

ホーガン・ロヴェルズは、地域と社会への貢献はビジネスの原理であると考えています。所員全員が年間25時間のボランティア活動を通常の業務として行うことになっており、プロボノ活動、地域社会への投資、社会的公正を通し、地域と社会に貢献しています。

当事務所主催イベント

ディスラプションと汚職:Digital 2.0時代における国際的な贈賄と汚職への対応

このたびホーガン・ロヴェルズでは3月27日(水)に最新の技術革新が国際的な贈賄および汚職調査に与える影響をテーマとしたセミナーを開催いたしますのでご案内いたします。

クイックビュー 全文を見る

当事務所主催イベント

日本のテクノロジー企業のM&A取引にみられるエキサイティングなトレンド

日本では今年、1980年代以降最大のM&Aブームとなり、新聞紙上では連日のようにM&A取引のニュースが大きく取り扱われています。この傾向は今後も続くものと思われ、特に革新的技術を保有する国内企業の買収や、海外での戦略的提携先を求める日本人投資家によるテクノロジー企業への投資が広く見込まれています。

クイックビュー 全文を見る

JPDSとの共催イベント

【全国開催】特別講演: EU商標制度の概要/Brexitの最新トピックスと今後の対策

来る3月29日はイギリスが欧州を離脱する日、いわゆるBREXITの日とされています。

クイックビュー 全文を見る

論文等

ロシアにおける並行輸入に関する最新判決について

弊所のカウンセル橋本千賀子とモスクワ事務所のパートナーナタリア・グリャエバが執筆した論文が、一般社団法人日本知的財産協会の「知財管理」誌1月号に掲載されました。

クイックビュー 全文を見る

プレスリリース

伊大手製薬会社レコルダティ・グループによる米エージェリオン社の医薬品ジャクスタピッド®のライセンス契約においてホーガン・ロヴェルズがレコルダティ・グループに助言を提供

ホーガン・ロヴェルズは伊大手製薬会社レコルダティ・グループを代理し、米エージェリオン社の医薬品ジャクスタピッド®の日本における独占販売権を内容とするライセンス契約(3000万米ドル相当。売上目標達成を条件とした支払いや希少疾病用医薬品に係るロイヤルティの支払いを含む。)につき、同社に助言を提供しました。

クイックビュー 全文を見る

プレスリリース

アサヒグループホールディングスによる「フラー・スミス&ターナー」高級ビール事業買収(買収額2億5000万ポンド)において、ホーガン・ロヴェルズがアサヒに助言を提供

ホーガン・ロヴェルズは、アサヒグループホールディングスに対して、「フラー・スミス&ターナー」のプレミアムビール事業取得に関する助言を提供。取得額は、キャッシュフリー・デットフリー企業価値ベースで2億5000万ポンド。

クイックビュー 全文を見る
Loading data