論文・書籍等

論文等

ロシアにおける並行輸入に関する最新判決について

弊所のカウンセル橋本千賀子とモスクワ事務所のパートナーナタリア・グリャエバが執筆した論文が、一般社団法人日本知的財産協会の「知財管理」誌1月号に掲載されました。

ニュースレター等

強力なブランドの創作および構築:様々な法律分野の弁護士から成る専門家チームに極めて早い段階から任せることが成功の鍵

消費者の多くは、有名なブランドを一目で認識することができます。そして、特定のブランドを信頼することで、長年その製品やサービスを愛用し、他者にもそのブランドを勧めます。そのため、ブランドの構築は企業にとって重要な問題となりますが、すべての企業がマーケティングや法律の観点から強力なブランドを構築するためのネーミング方法を心得ているわけではありません。

ニュースレター等

トータルブランドケア:企業ブランドの創作、商業化、保護のための包括的な取組み

ブランドは、どの企業にとっても自社の価値、名声、競争上の利点となる重要なものです。弊所では、企業ブランドの創作、商業化、保護のための包括的な取組みである「トータルブランドケア」を通して、クライアントのブランドをあらゆる側面からサポートしております。

ニュースレター等

ロシア憲法裁判所が並行輸入に関する見解を発表

ロシア憲法裁判所は2018年2月13日、並行輸入に関するロシア民法典(「CCR」)の以下の規定の合憲性について判断しました*

ニュースレター等

米国の税制改革について 国際企業が知るべき10のポイント

米国で先頃可決された税制改革法案「Tax Cuts and Jobs Act of 2017 (「TCJA」)」は、約30年ぶりの大型税制改革であり、米国の国際租税法の抜本的な改正となる。

ニュースレター等

米国国際取引委員会(ITC)のセオドア・エセックス行政法判事がホーガン・ロヴェルズ知的財産部門に入所

2017年8月28日 ワシントンD.C. – ホーガン・ロヴェルズは、米国の国際取引委員会(ITC)の元行政法判事であるセオドア R. エセックス氏がワシントンD.C.事務所知的財産訴訟部門に加入したと発表しました。

論文等

Note for the board on anti-corruption: Cross-border: Japan

This note is for in-house or local counsel to provide to the board of directors (or equivalent body) of a legal entity on the key points in relation to the applicable anti-corruption regime ...

;
Loading data