OCAJI 建設セミナーおよび新年祝賀会のご案内

2019年の建設セミナーではOCAJI会員様からのご意見・ご要望に基づいてOCAJI様からご提案頂きました「建設プロジェクトを成功させるための効果的な管理方法」について解説させて頂きます。

セミナーの前半では、コントラクターによる工期延長/補償金の請求や、完工遅延による約定遅延賠償金の支払い責任をいかに回避するかなど、遅延に関する請求において勝つための実務的なポイントについて詳述いたします。遅延に関する問題は、海外プロジェクトのコントラクターにとって最も厄介な分野の1つであり、英国法においてはこの1年を通していくつかの重要な発展が見られました。

次に、英国法やFIDIC契約約款(及び他の契約約款)に基づくエンジニア/施主の代理人の役割(請求管理上の役割も含む)について詳述いたします。

最後に、海外プロジェクトに携わっておられる日本の建設会社様にとって大きな懸念事項となりうる建設/エンジニアリング・プロジェクトにおける知的財産権の取り扱いに焦点を当てます。メジャーな標準建設契約約款(FIDICENAAのモデルフォームなど)に含まれる知的財産権条項を分析すると共に、リスクの特定や建設関連知財の効果的な保護方法について広く解説いたします。


リストに戻る
Loading data