商標ウェビナーシリーズ 第11回:米国商標プラクティスアップデートおよび判例紹介

ホーガン・ロヴェルズでは、クライアントの皆様のご要望に基づき、昨年よりグローバル商標の最新情報をご解説するウェビナーシリーズを開催しております。コロナ過が拡大している状況におきまして、企業の皆様にウェビナーを通して研修の機会をご提供できれば幸いに存じます。

次回の第11回目は「米国商標プラクティスアップデートおよび判例紹介」と題して、米国における最近の商標法改正および判例をご紹介いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。


第11回:「米国商標プラクティスアップデートおよび判例紹介」

~ プログラム ~

13:00-13:15  米国商標プラクティスアップデート:商標法改正 講師: 三好 映子 
13:15-13:35 
米国の判例紹介:パロディや機能性 講師: 小菅 マイケル
13:35
質疑応答

各回Q&Aの時間を設けておりますので、ウェビナー中にオンライン上にてご質問をお送りいただけます。また、お申し込みいただく際にご質問を記載し、事前にお送りいただくことも可能です。 


~お申し込み~

お申し込みをご希望の方は、参加者名、会社名、役職、メールアドレス、ご質問をこちらのアドレスお送りください。

  • 本ウェビナーは無料となります
  • 参加方法などを記載したリマインダーのメールをウェビナーの数日前にお送りします
  • ご登録いただきました方に講義の録画ビデオを後日配信いたします
  • 同業の方からのご登録につきましてはご遠慮いただいております。大変申し訳ございませんがご了承ください


リストに戻る
Loading data