ホーガン・ロヴェルズ、医療金融サービス事業の売却においてゼネラル・エレクトリックに助言を提供

2015年8月17日(ワシントン) - ホーガン・ロヴェルズは、ゼネラル・エレクトリック(「GE」)が医療金融サービス事業を約90億米ドルでキャピタル・ワン・ファイナンシャル(「キャピタル・ワン」)に売却する際、GEに助言を提供しました。

GEの同事業は、米国の高齢者施設や病院、診療所、外来診療、製薬および医療機器といったヘルスケア業界に関わる企業やスポンサー、投資家およびデベロッパーに対する金融事業を営んでいます。本案件により、キャピタル・ワンのヘルスケア融資事業を大幅に強化することが見込まれます。

本取引は、GEの金融部門を縮小し産業部門に集中するという計画の一部でもあります。この計画のもと、GEは最終正味投資額(ENI)を年末までに約1,000億米ドル減らす予定です。

本件は、コーポレート部門のパートナーであるPaul MancaMichael Gilligan、ファイナンス部門のパートナーであるDeborah Staudingerが、雇用、環境、ファイナンス、知的財産、訴訟、不動産および税務などの業務を横断したチームを率い、GEヘルスケアに助言を提供しました。

※ 本プレスリリースは、英文のプレスリリース(リンク)を翻訳したものです。英文と翻訳に違いがある場合は、英文が優先します。


シェア リストに戻る

Loading data