このような事由が発生すると、ボロワーおよびレンダーは自らの地位を再評価することになります。また、企業にグローバルな再生を強いることもあります。総合的な再生計画をもって無秩序な倒産を回避することが可能です。強固なコンティンジェンシー・プランの備えがあれば、合意上の解決が可能でない場合に防御となり得ます。

昨今のクロスボーダー再生および倒産関連法務は、大胆かつ商業的に有効な解決方法を提供できる弁護士を必要とします。また、複雑なマーケットの中でクライアントを支援するのに、高度な技術的スキルが要求されます。

弊所の事業再生・倒産法制の弁護士は、企業再編および倒産案件のあらゆるステークホルダーに助言を提供いたします。グローバルな立ち位置から、実践的かつビジネスに焦点を当てた助言をレンダー、多国籍企業、倒産管財人に提供します。年金信託、政府または行政団体、ストレス下にある金融業者のサポートを行います。

会社が財務上の困難にある時の法的、政治的、事業上の背景を弊社の弁護士は理解しております。そして、画期的な解決方法を提供してきた実績があります。

不健全なバランスシートは、ボロワーおよびレンダー双方にとって問題です。マーケット内最大級のローン・ポートフォリオ取引を、買い手、売り手双方を代理して扱ったことがあります。また、セカンダリー債権取引およびディストレスト投資機会においてクライアントに助言を提供したこともあります。

事案毎に最適なチームが必要です。ホーガン・ロヴェルズでは、クライアントのニーズに合わせてチームを編成いたします。必要であれば、キャピタルマーケッツ、訴訟、不動産、雇用、知的財産、税務、年金といった他の法務分野の弁護士を動員し、中核の事業再生チームに加えます。取引に必要となり得る全てのチャレンジについて助言可能なワンチームです。

代表的な案件

アサヒグループホールディングス株式会社に、欧州および国際的なビール事業のリストラクチャリングについて助言を提供

ダイムラー・グループに、日本におけるグローバルリストラクチャリングに関する助言を提供

グローバル規模のソフトウェア・ソリューション会社に対して、日本国内の事業縮小および解散に関する助言を提供

グローバルリスク管理ソリューション会社に対して、日本国内の事業の縮小および解散に関する助言を提供

国際的物流会社に、日本の子会社における雇用問題(解雇、整理解雇、退職、和解交渉、退職合意書・解雇通知書の作成、訴訟など)について助言を提供

多国籍上場企業に、日本人および外国人従業員の雇用契約、解雇ならびに整理解雇、退職合意書・解雇通知書、就業規則、株式報酬契約、労使協定のレビューおよび改定など、労働法に関するあらゆる問題について助言を提供