ジョセフ・キム

ジョセフ・キム

パートナー
東京

Eメール joseph.kim@​hoganlovells.com

電話 +81 3 5157 8260

FAX +81 3 5157 8210

言語英語、韓国語

部門ファイナンス

東京事務所ファイナンス部門の責任者。インフラ、エネルギー、資源、プロジェクト(IERP)部門を中心に広く活躍しており、特に日本企業や韓国企業主導の海外投資プロジェクトにおいて高く評価されている。

世界各国の電力プロジェクトにおいて数十年にわたる経験を有し、ビジネスセンスに富む助言に定評がある。電力セクターの企業が直面する様々な問題を多角的にとらえ、六大陸にわたるホーガン・ロヴェルズの部門横断的なチームの一員として、クライアントの法律ニーズに合致した包括的なアドバイスを提供。

これまで多数の通信プロジェクトや、アジア、中東、米州における発電、LNG、天然資源、再生可能エネルギーを含むあらゆるエネルギープロジェクトのスポンサー、投資家、輸出信用機関、政府系機関、レンダー、アンダーライターなどの代理人を務めてきた経験がある。

1989年にパシフィック大学の学士号、1995年にミネソタ大学ロースクールの法務博士号を取得。カリフォルニア州の弁護士資格を保有し、日本では外国法事務弁護士として登録。大手国際法律事務所東京オフィスのパートナーを経て、当事務所へ入所。韓国語に堪能。

学歴および資格

学歴

University of Minnesota Law School, J.D.

University of the Pacific, B.A.

法曹協会登録・資格等

米国カリフォルニア州

第一東京弁護士会(外国法事務弁護士)

外国法事務弁護士、連合王国(イングランドおよびウェールズ)

代表的な案件

東京電力ホールディングス株式会社にベトナムのコクサン水力発電プロジェクトの持分の買収について助言を提供-同案件は、IJGlobal Awards Asia Pacificの「2018年間最優秀水力発電プロジェクト―アジア太平洋 」を受賞

エクセロン社―日本の原子炉技術を利用している世界的な原子力発電所運営会社へのアドバイザリー業務の提供を目的とした日本原子力発電株式会社との合弁会社(出資比率50:50)の設立において助言を提供

インドネシア国有電力会社―インドネシア西ジャワ州のジャワ7石炭火力発電所プロジェクト(2000MWの融資および開発のあらゆる側面について助言を提供、インドネシア西ジャワ州のジャワ3CCGT発電所(800MW)の15億米ドルの融資および開発について助言を提供

国際協力銀行(JBIC)―ベトナム最大のグリーンフィールド独立系発電所プロジェクトの1つであるVan Phong I BOT発電所プロジェクトに係る融資案について助言を提供

韓国輸出入銀行―ベトナム・クアンニン省の1200MW第2モンズオン石炭火力発電所プロジェクトの開発に係る15億米ドルのマルチトランシェ融資について助言を提供。同案件は、FinanceAsiaの「ベスト・ベトナムディール・オブ・ザ・イヤー」、IFR AsiaおよびASIAN-MENA COUNSELの「2011年ディール・オブ・ザ・イヤー」、Project Finance MagazineおよびProject Finance Internationalの「2011年アジア太平洋発電ディール・オブ・ザ・イヤー」に選出*



*ホーガン・ロヴェルズ入所前の実績

直近の講演・出版物等

海外投融資情報財団との共催イベント

アフリカでのバンカブルなIPP案件の 組成について: 日本企業が知っておくべき最新動向

当事務所主催イベント

日本、欧州および米国における 洋上風力発電プロジェクトの新時代

当事務所主催イベント

Going Global 2018

当事務所主催イベント

Going Global 2017

Loading data