日本、欧州および米国における 洋上風力発電プロジェクトの新時代

洋上風力発電プロジェクトへの投資は世界的に加速しつつあります。そのような中、日本においても先般の臨時国会において「海洋再生可能エネルギー発電設備の整備に係る海域の利用の促進に関する法律(いわゆる再エネ海域利用法)」が成立し、洋上風力発電への関心がこれまで以上に高まっております。

そこで、本セミナーでは、日本、欧州及び米国における最新動向および各法域における制度の違いなどを、最先端プロジェクトに日々携わっている実務専門家が解説いたします。


【プログラム】
使用言語:英語(日英同時通訳付)

14:00-14:10 

イントロダクション

ジョセフ・キム(東京事務所 パートナー)

14:10-14:40

プロジェクト契約におけるするべきこと・してはいけないこと-プロジェクト案件実務を踏まえて

アレックス・ウォン(シンガポール事務所 パートナー)

14:40-15:10

アメリカ洋上風力発電市場の概要-事業機会と課題について

ブライアン・チャペル(ボルチモア事務所 パートナー)

15:10-15:30

コーヒーブレイク /休憩

15:30-16:00

国内洋上風力発電プロジェクトの新時代: 入札制導入の影響と入札に成功するために何をすべきか

進藤千代数(東京事務所 シニア・アソシエイト)

16:00 - 16:30 

パネルディスカッション

モデレーター:ショーン・コナティ(東京事務所 パートナー)
パネリスト:ジョセフ・キム、 ブライアン・チャペル、アレックス・ウォン 、 進藤千代数

16:30 - 16:50

質疑応答

16:50-17:00

閉会のご挨拶

 

マシュー・コティス(ロンドン事務所 パートナー)


リストに戻る
Loading data