イーサン・ケイト

イーサン・ケイト

シニア・アソシエイト
東京

Eメール ethan.kate@​hoganlovells.com

電話 +81 3 5157 8140

FAX +81 3 5157 8210

言語英語

部門訴訟、仲裁および雇用

技術革新により日々変化を続ける企業の運営方法やコンプライアンス、関連当局による調査の方法およびそれらに起因して発生する様々な法域における問題に精通しており、クライアントの事業ニーズに合致した法律サービスを提供。

多数の国際案件においてクライアントの代理人を務め、現在は日本企業のニーズに対応するためワシントンDCから東京事務所へ異動し、米国のチームをサポートしつつ東京で執務している。日本での業務経験を通じ日本特有の商慣行やニュアンスの解釈、当局の調査による日本企業への影響などについても経験が豊富。

データ移行制限に係るデータ保護法上の問題に直面するクライアントへの助言提供において実績を有し、米国当局の要求に係る折衝などにおいて世界のあらゆるデータ保護関連当局と連携。また、必要なデータの効率な特定においては最新のツールを用いてクライアントにサポートを提供している。

データ移行制限に係るデータ保護法上の問題に直面するクライアントへの助言提供において豊富な経験を有しており、世界のあらゆるデータ保護関連当局とも、米国の当局の要求に係る折衝などにおいて定期的にやり取りしている。また、どの企業も様々なソースから膨大な量のデータを収集するので、必要なデータの効率な特定においては最新のツールを用いてクライアントにサポートを提供している。

学歴および資格

学歴

Northwestern University School of Law, LL.M法務博士号、2011

ピッツバーグ大学政治科学 学士号取得(優等)、2007

ピッツバーグ大学金融学 学士号取得(優等)、2007

法曹協会登録・資格等

米国コロンビア特別区

米国イリノイ州

代表的な案件

米国の食品・医薬品・化粧品法違反容疑について日本企業の代理人を担当

米国での反トラスト調査において日本人役員の代理人を担当

米国の医療関連法違反容疑に基づいてレイド(強制立入調査)を受けたクライアントの代理人を担当(一番最初に現場に到着した外部弁護士)

適用外使用に基づく販売やキックバックなど、様々な医療関連法違反に対する連邦政府の調査において医薬品メーカーの代理人を担当

マネーロンダリングに関連した主たる金融機関であると名指しされた国際銀行の異議申し立てにおいて代理人を担当

エジプトでのFCPA(連邦海外腐敗行為防止法)調査において、コンサートや展示会主催会社の代理人を担当

価格協定の疑いに関する内部調査において、某メーカーの代理人を担当

日本からの賄賂の支払容疑に関する調査においてエネルギー会社の代理人を担当

マネーロンダリングや銀行秘密保護法関連の問題の調査において送金代行会社の代理人を担当

FCPA違反容疑に関する米国での助言を必要とする欧州企業の韓国子会社の代理人を担当

Loading data